忍者ブログ
発病しないための試み。
55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が松岡正剛の本を読んだのはたしか『二十一世紀精神』とかいう物理学者との対談集だったように記憶する。もう28年にも前になる。
学生だった私は、京都の下宿の近くでいつものように夕食をすませて、立ち寄った本屋でたまたま手に取り立ち読みした後、おもしろそうだったので、購入した。そのあと下宿に持ち帰り、かなり分厚い本だったにもかかわらず、読み終わった頃には、もう世が明けていたのだから、確か一晩で読んでしまったように思う。
とりあえずその日はすぐに寝床についたがしばらくは、不思議な感覚に落ち入っていたのを覚えている。
その、不思議な感覚とは、地に足が着かない、取りつく島がない、等と言えるような感覚である。おもしろいのだが、なんだか落ち着かないのだ。
それらの内容はといえば、例えばこんな風である。


ものを見るとはどういうことであろうか。われわれの目に入ってくる対象物とは、じつは点の集合であり、それを思考に置き換えた場合、囲りがぼやけている。したがってぼやけてしまったものを、もう一度とり出して描くということはできない。人間は決して自然を再現できない。(津島秀彦)
ヒトが視ようと視まいと、ものはある。存在とはせいぜい「存在の概念」でしかない。(松岡正剛)
自然があり、混沌があり、ついで構造があり、要素が生まれ、擬構造が輩出してふたたび構造があり、やがて混沌さえ構造となって、やはり自然に落ち着く。(松岡正剛)
(『二十一世紀精神』より)

哲学的で抽象的な言説が、それ自体に抵抗があるわけではない。むしろ好んでいるからこそ、その本に惹かれて購入したとも言えるものである。中二の時にブルーバックスではあるが、「相対性理論入門」や「タイムマシーンの話」を解らんなりにでもおもしろがって読む私ではあるのだ。けれども、そこには我々の思いとか、暮らしとかいった、人の存在に結びつくような内容が見つけられない、見あたらないのだ。
当時、一方で読んでいたのが、
『佛教の思想』上山春平/梶山雄一/編
『地獄の思想』『美と宗教の発見』『哲学する心』『笑いの構造』等、梅原猛 『法華経』田村芳朗
『道徳と宗教の二源泉』『創造的進化』ベルグソン
等々なのだから、宗教的、精神的、哲学的色彩が強かったともいえるだろう。

私は思った、なるほどだから『遊』なのかと。
おもしろい、興味深い、けれどそれは知的遊戯でしかないのではないか。
そう思ったのが、その時の感想だった。それ以後も、松岡正剛の関連本はテーマ等はかなり気にはなったりしているのだが、どうもその最初の感想が拭いされない。立ち読みはするのだが、結局買わない。そんな事がなんどもあった。

それが、この度久しぶりに、マイミクさんのブログで知った、『フラジャイル』を読んでみようと思うようになった。なぜならその副題「弱さからの出発」にも表れているように、私の前回の記事でもふれた「人は弱いから発展したのであって、強い事にばかり注目すべきではない。」という主張にかなり近い内容のようだからなのだ。
本日購入してきた、これによって、私のこの考えに厚みと発展をもたらす事を期待したいと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 2008/01/06 10:28
明けましておめでとうございます。

memeさんのフラジャイルの感想もすごく楽しみです。
松岡正剛さんの文章には、ぞっとするほどの数の引用が出てきて、
それをまた追うのが面白いですね。
年末、松岡氏のおかげで、今年読まねば、と思う本が膨大になってしまいました。
聡子 EDIT
Re:無題 2008/01/07 20:57
こちらこそ、明けましておめでとうございます。

返事が遅くなりまして、ごめんなさい。
幼体進化説とでも劣性進化説とでも、申しましょうか。
自分独自のもだとは思ってはいませんでしたが、
こんなに重なるものは、初めてお目にかかった。
しかも、15年前も前のものなので、何で知らなかったのか、自分でもびっくり。
違いはどこにあるのか、結論としては何をいわんとするのかが、
最大の関心事とでもいえるかもしれません。(笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]