忍者ブログ
発病しないための試み。
80 79 78 77 76 75 74 73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マイミクのタダスキーさんにお会いできました。

この度、家族旅行の行き先の近くに、
タダスキーさんの作品を常設している、
喫茶店があるのに気が着いたので、
言ってみる事にしたのでした。

行くに先立って、
急でしかも未だそれほどコメント等の
やり取りもあまりなかったのですが、
絵はHPなどで拝見させて頂いてて、
良い絵だとおもっていたので、
実物(作品そのもの)を拝見したいと、
出来ればご本人様にも会ってみたいと思い、
思い切ってその(作品を常設してある喫茶店に行く)
旨をメッセージで伝えて見ましたところ、
思いもかけず、会ったみたいとの
返事のメッセージを、いただけましたので、
会って来ました。

最初はその喫茶店で会って少し(20〜30分程でも)話をお伺いできれば充分だと思っていました。
ところが、そのお店が休みだったこともあり、
自宅の方へ招いて下さいました。

メッセージにあった番号に、
電話をかけることで、連絡がとれたのですが、
最初、電話の印象によっては、
遠慮しようかとも思っていましたが、
「よろしければ、家の方にも幾つか作品はあるので、来られますか。」の声が、ことのほかやさしく、
軽やかな感じを受けましたので、
甘えさせて頂き、宅にお邪魔したのでした。

第一印象は、
(自分がラフな格好である事を伝えたせいもあると思いますが)
Tシャツ姿というやはりこれまたラフな感じで、
すごく話し易い雰囲気でした。

とても、嬉しかったので、
よくしゃべりました。
また、突然の訪問で、いい加減な人間だと、怪しい人間だと、
思われたくないとの思いも働いたのでしょう。
とにかく、よくしゃべったように思います。
まずは、気に入った作品の実物を見たい、
その作者と会ってみたいと思う旨、
自分はデザインの仕事をしていて、
学生時代は京都に住み、洋画を学んだ事。
やがて、キュビズムに目ざめ、抽象画へと進みながら、
交友関係の影響もあり、ユング心理学、現象学、共通感覚論等々の
哲学・心理学等へと探求・理解を広げて行ったこと。
両親の里が熊本で、タダスキーさんの熊本出身ということに、
親近感を持っている事等々。
傍らには、タダスキーさんのお母様もおいでになって、
京都やには滞在した事がある、あるいは熊本には疎開していた等々、
一緒に話に加わって頂いて、いろんな話ができました。…つづく。

PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]