忍者ブログ
発病しないための試み。
15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「見える」と「見えない」はなぜ存在するのか。

見えない次元は誰の目にも見えている。
目の前に見える形で、存在している。
それは、我々の認識の構造に仕掛けがある。
その認識の構造とは、ゲシュタルト的性質ということだ。

ゲシュタルト(直訳では形態)とは、以前、意味のあるまとまりと言った。
我々人間は常に、世界に、物事に対して意味のあるまとまりとして、
すなわち意味付与して、概念化する事で生活して生きている。
我々の暮らしの中にはゲシュタルトが溢れている。
目を覚ますと時計を見る、時計も「時間を計測するもの」
で構成されたゲシュタルトである。
正面に1から12までの数字がならぶ、インテリアではないのだ。
ゲシュタルトは個別に存在するだけでなく、グループ化したり連携したりして、
複合的多層的構造を形成していて、それらのぞれぞれに対しても
ゲシュタルトが形成されていると言っていい。

例えばこのようなもの(^_^;)は、認識のゲシュタルト的性質があってこそ
理解できるものとなる。つまり、これは部分として見るなら
(と^と_と^と;と)の文字なのだが、これをあくまで文字として見るなら、
何が書かれているのか全く理解できないものとなる。
絵なのだ、文字を使って全体として絵として構成されている
ゲシュタルトなんだという設定がなされて、初めて理解可能なものとなる。

大事なのはこの次だ、ゲシュタルトは全体を網羅しているわけではない。
部分部分を拾い上げて意味のあるまとまりに構成している。
あるいは、まとまった形にするには、全体を拾う事はできないとも言える。
だから、使われていない情報があるのだ。
しかも、我々には見えていながら、使われていないのだ。

だから、見えない次元が存在するのだ。

一旦できた、このゲシュタルトの認識構造が邪魔をして、
他にも存在している他のゲシュタルト、すなわち意味ある形態を
見えなくさせているからだ。

しかもゲシュタルトとは、一旦形成されてしまうと、
容易に崩しがたい性質を持っているからだ。
つまり一旦(^_^;)を絵文字と認識してしまったら
(と^と_と^と;と)の文字だという認識には
余程の必要性がない限り変更不可能である。
さらに、ゲシュタルトは個別で存在するのではなく、
他との連携構造を持っているので、その存在は強固なのである。

あるいは、いまの認識構造を支配しているゲシュタルト以外の
ゲシュタルト構造がある事を知らないからとも言える。
いや、ゲシュタルトであるという事自体が認識されていない。
つまり、そもそも意味というものが我々の考えている程、
全体的で確定的なものではないということなのだ。

そして、実はスピリチュアルという一般には見えないと
される部類のものも例外ではなく、
この我々の認識がもつゲシュタルト的性質を理解すれば、
何ゆえに「見える」と「見えない」があるのかが解るのではないだろうか。

私の知る限りアートに於ける「見える」と「見えない」は
あきらかにそういう性質のものである。

世界のゲシュタルト的構造を理解しましょう。
我々の認識のゲシュタルト的性質を知りましょう。
PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]