忍者ブログ
発病しないための試み。
34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近忙しくなりだして、時間が少なくなっている。
なので、あまり書けない。でも、少しずつでも書きたいと思う。時間がないと、自分のボキャブラリーの無さを痛感する。いい言葉が見つからないからだ。
まぁ、つたないけれど、勘弁してもらおう。(笑)

私は、彼女の絵が好きだ。理由は簡単だ。私の描きたい絵の範疇に入っているからだ。
例えば、私が絵を描き続けていたなら、こんな風な絵を、いくつかは描いていただろう。
だから、彼女の絵を見ていると筆致を追いかけてしまう。
なんだか、彼女には悪いが(笑)、見ているとハンバ自分が描いている気になってしまう。
今回「視」を、視界に他のものが入らないぐらい近づいて見ていると、一瞬絵の中に入り込んでしまった感覚になった。部分を見ているのだが、広い空間に出たような感覚だ。
なんだかそれは、彼女の(頭の中の)絵画空間とでも呼べるようなモノ、(暗黙知的には包括的全体とでも言いましょうか)なのではないだろうかという、感覚がしたのだった。
■■■
(つづく)
PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 2007/09/07 15:52
やっぱり、もっと素敵でしたね。
デジャブゥの様な、サイエンスフィクションの様な、
脳の中で、何かが勝手に走り出すような。。。
小生、memeさんの感覚解りますよ。
続き楽しみにしています。
ふふふ。。。
EDIT
Re:無題 2007/09/08 23:31
またまた、ありがとうございます。
そうでしょ、まだステキになると思います。(笑)
よろしければ、彼女の絵もご覧になって下さい。
そして、今からUPしますので、次を見て下さい。
無題 2007/09/08 18:39
>見ているとハンバ自分が描いている気になってしまう。

なんて嬉しいご感想でしょうか。
なんだか照れてしまって、
どうしようかと思ったのですが、
勇気振り絞って、コメントした次第です。
聡子 EDIT
Re:無題 2007/09/09 00:11
聡子さん。コメントありがとうございます。
そうでしょ。評論家の批評は別にして…。
画家にとってたぶん、そのような言葉がもっともうれしい言葉の一つなのでしょうね。
描きたくなる絵。制作過程にまで、思いを馳せたくなる絵。
僕は、そのような目で見れる絵に出会うのが、一番うれしい。
一番、絵を見た気になる。だから、そう思います。

それと、リンクはったり(はり方がへたくそだけれど)してますけど、
不都合があったら言って下さい。すぐに直しますから。(笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]