忍者ブログ
発病しないための試み。
35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の勝手な感想なのだが、この絵を見ていると私の30年来愛聴している70年代イギリスのプログレッシブロックバンド「YES」の「Close To The Edge」が思い出された。
特に、会場でも話に出た、左下方にあって造形的な力のせめぎ合いが目に着くという部分を、目で追っていると、「YES」の「Close To The Edge」の前奏部分にあたる各楽器演奏音のせめぎ合いが極自然な形で頭に浮かんだ。そうしているうちに、「あぁ、彼女の絵は私の好んで聞く音楽に、非常に合っているのではないか」というに思いあたった。それから、久しぶりにその「Close To The Edge」を確認がてら何度も聞いてみるのだが、その印象は決して薄らいでいくものではなかった。
そう思ってみると、それらのジャケットデザインも、彼女の絵に近いものがあるように思った。キース・ジャレットといい、「YES」といい、そんな感じがある。

帰って来て、新たな発見をしてしまった、ロジャー・デーン描くところの「YES」アルバム「RELAYER」のジャケットデザインと、その「視」がよく見るとその色合いといい、構図といい、偶然にも良く似ているのではないかと思えるのです。


「視」


「RELAYER」

また、逆に振り返ってみると、このロジャー・デーンというデザイナーの描くところのものは、日本画を彷佛させるものがあるのではないかと。調べたわけではないけれど、浮世絵等の影響のもとにあった印象派やアールヌーボーの流れをもつものではないかと思う。もちろん、彼の絵はデザイナーなので、SFチックなデフォルメが過ぎたりするところもあるようですが。(笑)

明日から、社員旅行に行くので準備をしなければなりません。
なので、今日はこのへんで。
PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 2007/09/09 19:03
またまたまた・・・
人間の思考や感情・発想や同化といったものは、
もしかしたら、一貫性が有るのかもしれないと思います。
個人においては、ある程度までは、当たり前でも、個人間においては判らない。
でも、個人間でも一貫性が有るとしたら、聡こさんもロジャ-さんもmemeさんも繋がっているという事だったりすろと、感動的です。
また、色彩や匂い香りッといったものは、過去の記憶を呼び起こしたりするのに活躍する様に、記憶や色彩的記憶と音楽も脳の中枢でリンクしているのかもしれないと思います。
小生は、あまり、絵画や絵の方は判りませんが、以前、ピカソの写真の様な点字のような、写実画を視た事があって、先日、テレビで見た、玉堂という方の絵を見ながら、背景の感じが同じだと思いました。
勿論感覚だけの話ですので、何の学術的裏づけも有りませんが、そう感じたのです。
聡子さんの「視」とロジャーさんの「RELAYER」にもその時感じたのと似た感じを受けました。
あっ!!脱線しすぎ。。
EDIT
Re:無題 2007/09/12 00:43
想ちゃん。度々、ありがとうございます。
及川聡子さんの「視」とロジャー・ディーン描くところの「RELAYER」が似ているのではないかと書きましたが、実は似て非なるものであるとも、思っています。
それを、次回書きますので、ご期待下さい。(笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]