忍者ブログ
発病しないための試み。
72 71 70 69 68 67 66 65 64 63 62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと見つけたと言うべきか。

私はかねてから、自閉症というものが、
かつて分裂病(統合失調症)の研究を通じて
多くの思想哲学が生まれて来たような、
位置に置かれるのではないかと思っていた。
(とっくに、そう思っている人もいるでしょうけど。)

そのようなものが登場して来たように思う。


「自閉症の現象学」村上 靖彦 (著) 勁草書房 (2008/5/26)
これは、今、図書館で借りて読んでいます。
興味深いです。

『自閉症論の原点——定型発達者との分断線を超える』
─果たして自閉症は障害なのかという疑問を、常に抱いてきたからだ。次のように言い換えることも出来る。自閉症こそが人間存在の原点を照射しているのであり、「正常」に発達を遂げる過程は、むしろ原点からの逸脱として位置づけられるべきではないか。そう考えることが出来るなら、自閉症者と定型発達者との間の分断線は消え去ることになる。ただ、原点の近傍に位置する自閉症者と、原点から遠ざかり大切な何ものかを失っていく定型発達者という、相対的な違いが残るだけだ。─

これは、未だ読んでいません。


ついでに見つけたブログを…。
「発達障碍の意味するところ」


 

PR
この記事にコメントする
お名前 タイトル
URL メールアドレス
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 2009/02/16 14:38
示唆にとむ日記です。
お友達にも紹介しました。。。
Orbit EDIT
Re:無題 2009/02/26 01:26
>示唆にとむ日記です。
>お友達にも紹介しました。。。

ありがとうございます。
返事がとてもおくれてしまいましたね。
返事と併せて本文も続けたいと思っていましたが、
なかなか先へ進めませんでした…お許し下さい。(照笑)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/20 NONAME]
[11/20 想ちゃん]
[05/01 想ちゃん]
[04/29 想ちゃん]
[04/05 想ちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
meme germ carrier
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
≪BACK HOME NEXT≫
忍者ブログ [PR]